• youtube
  • ツイッター
  • Facebook
  • ブログ
1546_423.png

「エンジニアの未来ブログ」は、エンジニアを目指して就職・転職活動中の理系の方向けお役立ち情報ブログです。

その他、弊社・セントラルエンジニアリングをご紹介する記事やイベント出展情報なども掲載。


全ての記事は、弊社のエンジニア採用担当者が執筆し、現場の生の情報をお届けします。

◆「できる」は作れる?~じぶん創造プログラム紹介~ 人生で大きな差がつく「やり遂げる自分」をつくるセミナー

投稿者:R. Gohara |投稿日時: 2020/02/10 18:00:00

 

皆さんも日々の勉強や研究の中で計画、目標を立てる事があると思います。

立てた計画や目標を「必ず達成できている」という方は。。。

このブログ読まなくていいです(笑)

 

 

 

 

多くの方が「できる時もあればできない時もある」といった感じではないでしょうか。
(私もそうです。。。)

「今年の夏は10キロ痩せてシックスパックだ!」と思っていても、
「資格取得で年収アップだ!」と考えても、
「今日までに報告書を作るぞ!」と決意しても。

「今日は思い切り飲んで食うぞ~!自分へのご褒美デーだし。」
「今日は帰りが遅かったから勉強は明日まとめてやろう。」
「夕方、会議が入ってた!先に会議資料作らなきゃ。」

などなどやろうと決めていてもできなかった事って誰しもあるのではないでしょうか。
なぜこうなってしまうのか。

 

blog_gohara1-1

 

 

なぜなら人間は「飽きたり」「諦めたり」「忘れたり」する生き物だからです。

(そこが人間の豊かさでもあるのですが。)

 

人間は、生きていく中で五感(視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚)を通して、
出来事や体験を認識し、言葉によって意味付けを行います。

そしてその出来事や体験を記憶として定着させ、ある年令になった時、行動パターンとなるのです。

(価値観ともいいますね。)

 

 

 

例えば

・私は~が得意/苦手

・これが正しい。あれは間違っている。

・自分は~な人間だ

 

といった具合に自分の価値観を、パターンを決めつけて、その範囲で生きるようになってしまうらしいです。

冒頭の「目標達成できる時もあればできない時もある」というのは正に自分の価値観のなかで「できそうなもの」だけを

やっているのではないかと思います。

 

書いていて耳が痛いのですが、この「価値観のブレーキ」を壊す方法があるんです!

それが当社のじぶん創造プログラムの

 

人生で大きな差がつく「やり遂げる自分」をつくるセミナー」です!

 

トレーナーの浅野先生は大手プラントメーカーでエンジニアとして活躍後

「自分がこれまでの人生で培ってきたものや学んできたことを人に伝えて、人を元気で幸せにする」と決意し独立。

現在は研修講師、各種講演、執筆活動を中心に活動され、企業や団体からのオファーを多数受けておられます。

 

当社の「らしーくプロジェクト」の理念に共感し、「じぶん創造プログラム」において上記セミナー講師として

ご協力いただくこととなりました。

 

学生生活や就職活動を「やり遂げる」ために是非当セミナーにご参加ください!

どんなセミナーなのか。。。は参加してのお楽しみ。

 

 

でもちょっと中身を知りたい!という方のために過去開催したセミナーの写真を載せておきます。

 

 

blog_gohara1-2

 

目をつむって。。。?

 

blog_gohara1-3

 

?!?!?!?!?!

 

ネタバレはここまで!最後に参加者の声を一部ご紹介します。

 

・自分は物事に消極的なタイプだったのでそんな自分を変えたくて参加した。ワークにはびっくりしたが、

最後は吹っ切れて気持ち良かった。(当社内定者)

 

・諦めてしまうマインドを変えたかった。変わったかどうかはまだわからないが少し気持ちが楽になった気がする。

(当社内定者)

 

・学校では学べない部分なのでとても新鮮だった。(当社内定者)

 

気になった方は下記リンクよりお申し込みください。

皆さんのご参加をお待ちしております!

 

 

 

◇◆◇◆ お知らせ ◇◆◇◆

 

「じぶん創造プログラム 体験会のお知らせ」
弊社が提供する「じぶん創造プログラム」を体験してみませんか。
学生であれば誰でも参加可能です。

下記のURLよりお申し込みください。
https://www.central-eng.co.jp/a-labo/

 

皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

 

 

Topics: 『 R. Gohara 』の投稿, 12 らしーくプロジェクト