mv

「エンジニアの未来ブログ」は、エンジニアを目指して就職・転職活動中の理系の方向けお役立ち情報ブログです。

その他、弊社・セントラルエンジニアリングをご紹介する記事やイベント出展情報なども掲載。


全ての記事は、弊社のエンジニア採用担当者が執筆し、現場の生の情報をお届けします。

教わる立場になって【ソフトウェアトレーナー黒葛原です】

投稿者:トレーナーブログ管理者 |投稿日時: 2021/10/26 9:54:40

皆さん、お疲れ様です。

ソフトウェアトレーナ系トレーナーの黒葛原です。

 

いつまで暑いんだろう…と思っていたら

急に寒さが増してきましたね。

 

さて、前回「チャレンジ」について書きましたが、

新しいチャレンジをしてみました。

「生け花」です。

 

ちなみにA-LABOスタッフの何名かとの会話で

「習い事したくって体験レッスン受けるんです」

「何やるの?」「何やると思います?」という流れで、

ヒントとして「私っぽくないもの」と伝えたところ、

「日本舞踊」「フラダンス」「テニス」など色々な回答が…。

…なかなかの難問のクイズだったようです。

 

もともと、自然の中に身を置いているとホッとするので野花は好きだったのですが、

習おうとは露程も思ってもいませんでした。

しかし、とある人が

「目の前にある花を、どうやったら綺麗な形にできるかということだけに集中して、夢中で取り組める」って言った

その言葉が心の中にずっと残っていて、今回、体験レッスンを受けようと思い立ったのです。

 

 

久しぶりのちょっとした緊張感を持って行った広い教室には、

老若男女問わず。それぞれ、自分のレベルにあった花を生けていました。

その中で、先生が順に指導しているスタイル。

左右不対照にすることが基本。

どこに置くのか、誰に見せたいのか、素材をどういう形にしたいのか、

最終的な形をイメージしてから活けていくこと、など。

こちらの進め具合を見ながら、先生が声をかけてくださいます。

 

ほぼ形ができあがったら、ここは混みあっているから空間が必要。

この葉がいらないでしょ…と先生が鋏で切りながら

少しずつ形にしていく。

生け花は引き算の考え方だそうです。

出来上がったのが、写真の作品です。

 

ビルの受付やお店などにおいてあるセンスの良いものに比べ、なんてバランスの悪い出来栄えでしょ…。

でも、一応、自分のイメージした通りにはできているし。

バラ2本の間隔がもっと空いていれば良かったな。

教わったこと、できる限りやった箇所を少しでも褒められると嬉しいな。

…まさに、あっという間の1時間の体験でした。

 

改めて初心者向けのレッスンを受けようと、

気が変わらないうちに振込用紙をもらって、

申込をしてきました。

 

 

新しいチャレンジは、やはり気持ちが良いものです。

そして学びがたくさんあります。

気付かなかった視点や、やってみたいという意欲、どうすればよいんだろうという工夫。

いずれにしても、色々な力が沸いてきますね。

 

「教わる立場」になってみてまた、新たなことを感じました。

 

今年も後わずか2か月ですが、

あと2か月残っているともいえます。

…皆さんも、何かにチャレンジしてみませんか?

 

Topics: 13 A-LABO