mv

「エンジニアの未来ブログ」は、エンジニアを目指して就職・転職活動中の理系の方向けお役立ち情報ブログです。

その他、弊社・セントラルエンジニアリングをご紹介する記事やイベント出展情報なども掲載。


全ての記事は、弊社のエンジニア採用担当者が執筆し、現場の生の情報をお届けします。

見えない電気信号が見える“オシロスコープ“について【電気エンジニアトレーナー渡辺です】

投稿者:トレーナーブログ管理者 |投稿日時: 2021/10/04 16:17:51

電気エンジニアトレーナー渡辺です。

 

一般的に電気は苦手とする人の意見は、電気は目に見えないから好きになれないと言う人がいますが、その目に見えない部分を見える様にするのがオシロスコープです。
電気信号が見える様になれば、大部分の電気の働き、現象、故障個所の特定など様々な事ができるようになります。
なにより、電気信号が見えるので、電気に対する苦手感が減ります。
A-LABOでもオシロスコープの取り扱い方法の研修を行っています、ぜひ多数のご参加をお待ちしています。

A-LABOで研修用に使用しているオシロスコープの外観は以下のものです
Tektronixの型式tbs1000です、主な仕様は
周波数帯域:50MHz
2チャンネル機種
サンプル・レート: 1GS/s(全チャンネル)
レコード長:20kポイント(全チャンネル)


目に見えない家庭用商用電源100Vを見ることができます。

 

このオシロスコープで家庭用電源100Vの電圧を測定すると以下の様に測定できます。
家庭の電気は100Vと言っているのは「実効値」の電圧を指しています、100Vの商用電源は交流ですから、時間と共に刻々と変化しています。
その時間と共に変化する様子が赤い線でしめされています、プラスの最大値は+141V、マイナスの最小値は-141Vです。
つまり家庭用の商用電源は+141Vから-141Vまで変化していることがわかります。

 



オシロスコープは技術の進歩と共に、高性能低価格になり、個人でも持てる様になってきました。

参考までに、以下は日本で最初に開発われたオシロスコープです。
1954年に岩崎通信機からの国産機1号機です、販売価格は不明ですが、性能は先ほどのTBS1000よりはるかに劣っていたと思います。
このオシロスコープは重くて移動が不便なので、台車の上に乗っていました。
電気技術者は電気信号を何とか見たいと思っていました、そのようなきっかけからオシロスコープは開発されました。

 

 


出展
Tetronix   https://jp.tek.com/-/media/images/product-series/tbs1000/tektronix_tbs1000c_education-features_warranty_angle.jpg?h=401&w=550
岩崎通信機   https://www.suginamigaku.org/2021/08/shinise-iwatsu.html

Topics: 13 A-LABO