「この会社に入って良かった」
心からそう思ってもらえる
採用担当者でありたい

採用課

毛塚 夕陽

毛塚 夕陽

毛塚 夕陽

採用課

栃木県 出身

2018年 中途入社 帝京科学大学 出身

学部・専攻/ 生命環境学部・アニマルサイエンス学科

入社のきっかけ

メーカーとしての顔と人材会社としての顔があるところに会社としての可能性、仕事の広がりを感じました。
面接でお会いした方たちの印象が良く、「一緒に働きたい」と思ってもらえるように貢献したい!と思ったことも大きな要因です。

セントラルエンジニアリングで働くことについて

たくさんの学生と出会い、
会社の魅力を知ってもらう楽しさ

学生に当社のことを知ってもらい、選考から採用、内定までのフォローを行うのが私たち新卒採用担当者の役割。採用シーズンに入ると足しげく大学へ足を運び、キャリアセンターや先生方に当社のことを紹介したり、説明会を開いたり。学生の面接や、学生向けのイベント(先輩社員との交流会や工場見学、内定者懇親会など)も企画・実施します。繁忙期はあちこちに飛び回ることになり忙しいですが、人と話すのが好きな私にとってはたくさんの学生の皆さんと出会い、話ができる仕事は楽しいです。採用担当者として最も嬉しい瞬間は、やはり学生の方が入社を決めてくれたとき。「セントラルエンジニアリングの魅力をわかってもらえたんだ」と思うと、努力が報われたと感じます。
私が採用活動において大切にしているのは、単にたくさんの人材を採用するのではなく、すべての新入社員に「この会社に入って良かった!」と心から思ってもらうこと。そのためには会社の良いこともそうでないことも正直に伝え、学生の方が抱いている不安を可能な限り払拭できるよう、じっくり対話するようにしています。

思い出に残っている仕事

前代未聞のチャレンジ、
「らしーくプロジェクト」始動

当社の魅力は、メーカーとしての顔と、人材会社としての顔を併せ持ち、無限の可能性があること。
新しいことに挑戦することが多いですが、中でも刺激的だったのが2019年にスタートした「らしーくプロジェクト」です。学生の皆さんによりじぶんらしく、天職を見つけていただきたいとの想いでスタートしたこのプロジェクトですが、選考方法もこれまでにないものであり、先生方や学生の皆さんから賛否両論が上がりましたが、何より驚いたのは私自身。プロジェクトの意義をしっかり理解するのに少し時間がかかりましたが、学生の「自分らしさ」を応援できることの価値を呑み込めてからは、説明会でもうまく話せるようになり、想像以上に多くの学生がこの採用コースから入社を決めてくれました。このプロジェクトをより良いものにすべく、今年はさらにパワーアップした形を作っていきます。これからも既成概念にとらわれることなく、「セントラルエンジニアリングらしさ」を伝えられる採用活動に取り組みたいと思います。

セントラルエンジニアリングを一言で表すと?背景

十人十色

社員の皆さんが、一人ひとり良い意味でばらけている会社だと思います。仕事のやり方も、仕事とプライベートの分け方も人それぞれで、自分の好きなことをちゃんと実践できているという印象です。 入社前には「創業60年近い会社だから、ちょっと堅い感じかな?」というイメージもあったのですが、見事に裏切られました。

そんなわたしは・・・

じぶんらしく、「好き」を大事に!

趣味はもちろん、 仕事を通じた「出会い」も楽しみたい

「仕事は仕事、趣味は趣味」と分けて考えていますが、仕事の中でも「面白いな、楽しいな」という気持ちを大切にしています。私が楽しいと思うのは、学生や教授と出会い、話をすること。会話を通じて自分の価値観が変わったり、新しい知識を得られたりすることに面白みを感じます。
もちろん趣味を楽しむことも全力!特にマンガを読むことやアニメ鑑賞、推し声優・アーティストのイベントやライブが生きがい。このために働いているといっても過言ではありません。(笑)

オフの過ごしかた

アニメ鑑賞から海外旅行まで、好きなことがいっぱい

漫画とアニメが何より大好きで、休日は猫をヒザに乗せながら鑑賞することが多いです。
というとインドア派のように見えそうですが、好きな声優やアーティストのライブがあれば日本全国どこへでも駆け付けますし、水族館や動物園に行くのも好き。ディズニーも好きで、夢だったフロリダのディズニーワールドへ行ったときは終始感動でした!

エンジニアを目指すみなさんへ

一生に一度のターニングポイント。一緒に考えていきましょう!

新卒での就職活動は、一生に一回しかないターニングポイントです。
後悔のないように、自分で決意をもって選択できることが皆さんにとってベストだと思っています。 そして、我々の仕事はそんな皆さんのお手伝いをさせていただくこと。ぜひ、一緒に考えていきましょう!