多くの人と協力しながら
自動車部品を作り、
成長し続けられる楽しさ

自動車/設計・評価

和田 遼太郎

和田 遼太郎

和田 遼太郎

自動車/設計・評価

配属先:大手自動車メーカー

大阪府 出身

2017年 新卒入社 関西大学 出身

学部・専攻/システム理工学部機械工学科

入社のきっかけ

もともと輸送機の設計業務に携わりたくて、多様な業種がある派遣業界に就職しようと思ったのですが、その中でも、会社の成長、客先への付加価値だけでなく、個々人のやりたいこと、価値観を尊重する理念があるこの会社に興味をもったからです。

セントラルエンジニアリングで働くことについて

「運転しやすい車」を目指し
サスペンションの設計に打ち込む

大手自動車メーカーの開発チームに参加し、サスペンションの設計業務に約3年携わっています。サスペンションとは路面から受ける振動や衝撃を和らげ、走行安定性を確保するための部品であり、自動車の乗り心地を大きく左右するもの。私はレイアウト・仕様検討から、図面作成、部品手配、車両組み立て作業性確認、部品・車両の実験評価まで、部品設計に必要なサイクルのすべてに携わっています。
仕事の中で特にやりがいを感じるのは、たくさんの人と関わりながら一つのモノを作り上げていくこと。サスペンションは多くの部品から構成されているため、部品の手配時には複数のサプライヤの担当者と接する機会があります。また、サスペンションは周辺の多くの部品と接しており、仕様変更時などには他の部品を開発している部署との調整も必要。入社前は「設計=デスクワーク」というイメージが強かったのですが、実際には社内外の調整業務が仕事の大半を占めると言っても過言ではありません。ドライバーの皆さんから「運転しやすい車」と評価してもらえる日を夢見ながら、日々仲間と力を合わせて仕事に邁進しています。

思い出に残っている仕事

目の前の作業にとらわれず、
「本質」を見極めよという上司の教え

入社して間もないころ、車両評価の実験中にサスペンション部品が破損してしまい、実験部から「設計を改善してほしい」と要求されたことがありました。そこで私はすぐに部品の仕様検討を提案しようとしたのですが、意外にも上司が出した答えは「NO」。「我々の仕事の目的は実験にパスすることではなく、お客様に喜んでもらえる良い自動車を作ることだ。トラブルが起きたときにも慌てることなく、何が問題で、どうあるべきなのか、仕事の本質を考えなければならない」と諭されたのです。そして上司と共に実験内容を改めて精査したところ、実験条件が必要以上に厳しすぎたことが判明。私たちが作った部品には実は問題がなかったことがわかりました。
私はこの出来事で上司のモノづくりへの熱意を知ると共に、「目の前の問題の一時的な解決ではなく、先を見据えた根本的な改善」の大切さを学ぶことができました。今後の目標は、いつか自分の仕事を通して、人に感動、幸せを与えられる人になること。今の仕事で学んだことを活かし、いつかは何か人をアッと驚かせるようなユニークな仕事をしてみたいです。

セントラルエンジニアリングを一言で表すと?背景

ミュージシャンを夢見る
子どもを持つ両親

セントラルエンジニアリングは従業員のやりたい業種、働き方を共に親身に考え、研修やキャリアプランニングを通してサポートしてくれる会社です。
その姿勢を見ていると、「やりたいことをやりなさい。いつでも温かいご飯は用意してあげるから」と見守ってくれる優しい親のようだと感じます。

そんなわたしは・・・

じぶんらしく、成長を楽しむ

未知の世界に飛び込み、人生を楽しみたい

「楽しそうだと思えば、やったことがないことでも後先考えず飛び込んでいく」、それがこれまでの私の人生でした。たとえ最初は苦労したとしても、その経験が結果的に自分の視野の拡大、成長につながっていると思います。
現在の仕事ではまだまだ中途半端な私ですが、職場で様々な経験をすることで少しずつ成長しているのを感じますし、そのことが何より楽しいです。プライベートでも幅広い経験を積むことを心がけており、長期休暇のたびに見知らぬ土地を旅して刺激を受けています。

オフの過ごしかた

「思い立ったらすぐに行動」の精神で、
休日を満喫

昔から「やってみたい」と思いついたことはすぐ実行するタイプで、ふと思い立って大学から兵庫の須磨までの往復100キロを友だちと自転車で走ったことがあります。深夜の道路を爆走したのも今では良い思い出です。
最近では「北海道、鈍行列車でどこまで北に行けるか」に一人で挑戦!無計画過ぎて苦労しましたが、予期しない出来事こそ旅の醍醐味かな、とも思います。

エンジニアを目指すみなさんへ

「楽しそう」と思ったことに勇気を持って飛び込もう

今の時代、モノづくりといっても多種多様な業界、働き方があると思います。
実際に体験してみないとわからないことも多く不安を感じることもあると思いますが、まずはいろんな会社説明会に赴き、働き方、業種の見識を広げてください。その中で、自分が楽しそうだなと思う職種、業界に、勇気をもって飛び込んで見ると良いと思います。