最先端の技術を追求し、
ソフトウェア開発業務はもちろん
社内のIT化にも貢献したい

水利(ダム)/設計・評価

粟野 心

粟野 心

粟野 心

水利(ダム)/設計・評価

配属先:新横浜エンジニアリングセンター

神奈川県 出身

2017年 新卒入社 東海大学出身

学部・専攻/情報通信学部・組込みソフトウェア工学科

これまでの経歴・プロジェクト

・Cabiio(自社製品)

入社のきっかけ

関わる業種が幅広く、いろいろな仕事を経験できるところに興味を持ちました。受託開発や請負、自社製品開発など、業務形態が多彩なところも魅力だと思います。

セントラルエンジニアリングで働くことについて

初めてお客様と直接やり取りし、
ダム管理者向けソフトウェアを開発中

私は現在、水利システム(ダムや河川の水位を管理し、異常時には警報を発信するなどする装置)の開発に従事しています。私が担当しているのはその中でも、ダム管理者が実際に操作するディスプレイ卓というもの。ここに水系図や各警報局の詳細情報が表示され、警報発信をはじめさまざまな命令を親機に伝えるという、危機管理上重要な役割を担います。
このプロジェクトで私は、仕様書の作成から、設計、プログラミング、そしてデバッグまでの全工程を担当しており、お客様とのやり取りも直接行っています。実はこのプロジェクトは私にとって初めての対外的な開発業務で、実務に携わって初めて学んだことは少なくありません。特に驚いたのは、一見シンプルに見えるシステムも完璧を期すためには非常に細かい仕様まで作り込まなければならないということ。仕様書の作成では何度も先輩にチェックしていただきながら、エラーが許されない社会インフラを手掛ける責任の重さに気づかされました。そうした努力を経てプログラムが完成し、仕様通りに動作確認できたときは本当に嬉しいです。

思い出に残っている仕事

国家の安全に貢献するシステムならではの
厳しい品質水準に挑む

私にとって最初の顧客向け開発ということもあり、現在携わっている水利システム開発はすべて印象深い出来事の連続です。中でも最も思い出深いのは警報記録の印字機能の開発。警報局がどのような動作をしたかという情報は、必ず規定の用紙に印字し、保管しなければならないという法的な決まりがあります。ところが実際に開発してみると、紙の定位置に正確に印刷するための微調整が非常に難しかったのです。とても些細なことではあるのですが、国家の安全を守るシステムだからこそ、細部に至るまでわずかなミスも許されません。ついに定位置での印字に成功したとき、先輩が「完璧だね」と言ってくれたときには、すごくほっとしたのを覚えています。
今後の目標は、近いうちに先輩の手助けなしに一人で仕事を回せるようになること。私は入社後、しばらくの間は新人教育を兼ねて自社内用のシステム開発を手掛けた後に、現在お客様向けシステムを先輩のサポート付きで任せてもらっています。このように若手を段階的に育成してくれるところは、当社の魅力だと思います。

セントラルエンジニアリングを一言で表すと?背景

広い

入社前に想像していた以上に、懐の広い会社だと思います。たとえば服装についても比較的自由で、社内ではスーツとネクタイが必須ではありません(私はスーツが好きで着ていますが……)。
職場でのルールについても、古いものに固執することなく、社員の働きやすいよう変更していく柔軟さがあります。

そんなわたしは・・・

じぶんらしく、生きる

ITのプロらしい生き方を貫く

私は子どものころからITに興味があり、休日には最新のゲームを楽しみ、大学でもソフトウェア開発を学んでいました。
そんな私にとって「ITの追求」は「自分らしい生き方」そのもの。会社に入ってからも、「社内で初めて会議中にiPadでメモを取る」「初めてモバイルSuicaで通勤する」など新しい業務スタイルを実践しました。電子機器での会議メモはそれまで会社で不可とされていたのですが、私の提案がきっかけでルールが改善されました。今後も自分が率先して、社内のIT化に貢献していければいいな、と考えています。

オフの過ごしかた

1日15時間ゲームすることも!

私の休日はゲームのためにあると言っても過言ではありません。朝起きた後、食事とトイレ、お風呂以外の時間をすべてゲームに費やすこともあり、長いときは1日15時間ゲームをします。
ちなみに最近ハマっているのはモンスターハンターとFPS。新しいゲームの情報収集も怠りません。

エンジニアを目指すみなさんへ

全力で臨むことで、
「やって良かった」と思える日が必ずやってくる

多くの人は、合格よりも不合格の知らせの方が多いと思います。私もそうでした。ですが、その事を引きずらないようにしてください。
その会社が全てではないのです。むしろ、もっと頑張ろうと奮起するきっかけにしてほしい。また、就職活動が終わった時に悔いが残らないよう、ぜひ全力で臨んでください。