ハンダの超絶技巧に挑み、
「製造のプロフェッショナル」として
さらなる高みを目指したい

鉄道/製造

金子 卓耶

金子 卓耶

金子 卓耶

鉄道/製造

配属先:横浜工場

神奈川県 出身

2017年 中途入社/ 東海大学 出身

学部・専攻/ 工学部・電気電子工学科

入社のきっかけ

面接をして下さった方全員が明るく話しやすく、会社の雰囲気の良さを感じました。
工場見学では、実際にどのような製品をどのように作っているのか現物を見ながら説明して頂き、仕事内容が分かりやすく入社の決め手になりました。

セントラルエンジニアリングで働くことについて

職人的な「目」と「技」を駆使し、
高品質な製品を仕上げる

横浜工場では自社製品・受託製品を問わず、様々な製品の製造・検査を行っています。
私が現在携わっているのは「鉄道信号用保安装置」と呼ばれる装置。線路上の列車を感知する装置や、線路の切り替えが正常におこなわれているかを検知する装置などです。
私が担当しているのは、協力会社から届いた複数の基板を検査し、完成品として組み立て、動作確認をする工程です。基板は無数の細かいパーツからできているため稀に不具合もあります。目視検査で異常が見つかったときには、私自らはんだごてを使って手直しを行うのですが、これが実はかなり難しい仕事。まるで密林で獲物を探す猟師のように一瞬で異常を発見する「目」と、外科医のようにはんだごてを操り複雑な接合を成功させる「手」が必要とされます。
私はもともと一人で集中して手を動かすことが好きなので、この仕事は天職と言えるかもしれません。とはいえ技術的にはまだ未熟で、難しい接合は先輩にお願いすることもあります。先輩の技術を盗みながら、少しずつ製造技術者として成長していけることにやりがいを感じます。

思い出に残っている仕事

原因不明の動作不良を通じて、電子部品製造の奥深さを学んだ。

入社2年目のころ、ある部品の動作試験を行っているときにうまく動かない物が見つかりました。事前の検査では異常は見つかっておらず、それまで動作試験で失敗したことがなかった私は、なぜ動かないのか分からず混乱してしまいました。
そこで上司に相談したところ、その方は回路図を入念に調べた上で、不具合検知用のテスターを使って基板のある箇所を再調査するようアドバイスしてくださいました。その通りにテスターで調査をしてみると、予想通りそこで電流のショートが起こっていることが判明。故障は、どれだけ外側から目視しても見つからない、小さなパーツの裏側で起こっていたのです。
私はこの経験を通じて「図面を読んで回路を理解すること」の大切さを改めて学ぶと共に、製造という仕事の奥深さを知ることができました。今後の目標は、引き続き製造技術に磨きをかけること。特にハンダのテクニックを向上させ、どんな部品の取り付け・取り外しでも自在にこなせる技術者になりたいです。

セントラルエンジニアリングを一言で表すと?背景

多種多様

あらゆる業界・業種に関わっているため、一人ひとりの専門分野、持っている技術や知識は多種多様。「らしーくプロジェクト」等の取組みもされており、さまざまな考え方や個性を活かしやすい会社だと思います。
また、話しかけやすい人が多いので、仲間や先輩にも気軽に質問したり、意見を言える環境も良いなと感じています。

そんなわたしは・・・

じぶんらしく、楽しむ

ギターで養った集中力が、仕事でも活かされています

私は高校生の頃からギターが大好きで、バンドを組んで好きなアーティストの曲をコピーしていました。最初の頃はなかなか巧く弾けなかったのですが、毎日何時間も練習に没頭しているうちに、どんどん難しいフレーズも弾けるようになりました。
ギターを通して学んだのは、「何事も楽しみながら練習することが上達の近道である」ということ。
製造の仕事でも、今の技術では難しいはんだ付けに挑む機会がよくありますが、きれいに仕上げることができたときにはとても楽しい気持ちになります。今後も仕事から「楽しさ」を見つけながら、少しずつ自分のできることを増やしていきたいです。

オフの過ごしかた

ギターもゲームも、
上達を目指して真剣勝負!

休日はギターの練習の他、海外ドラマ鑑賞、PCゲーム、家族サービス(子どもを連れてよく遊びに行きます)などをして過ごしています。
PCゲームは10年ほど前からFPSをやり込んでいて、オンライン上の仲間たちと一緒に勝つための作戦を真剣に考えながらプレイしているのですが、これも「仕事を楽しむ」姿勢と似ているかもしれません。

エンジニアを目指すみなさんへ

「まずは自分のやりたい仕事を明確にしよう。」

自分のやりたい仕事を明確にして、その仕事に就けるように頑張って欲しいと思います。技術や知識はあって損は無いですが後からでも習得できます。
なので、まずは企業研究や面接を通して、やりたい事ができる会社を見つけることが第一。
エンジニアとして活躍できるように応援しています!