鉄道・介護という異分野の仕事を
同時に手掛けられる
業務の幅広さが面白い

介護・福祉/電気・電子・制御設計

徳井 達也

徳井 達也

徳井 達也

介護・福祉/電気・電子・制御設計

配属先:新横浜エンジニアリングセンター

千葉県 出身

2017年 新卒入社/ 東洋大学 出身

学部・専攻/ 理工学部・電気電子情報工学科

これまでの経歴・プロジェクト

・介護機器開発
・電文カウンター開発
・鉄道関連の試験設備設計

入社のきっかけ

その当時、やりたい職種や業界がまだ決まっておらず、大学で学んだこと生かせる企業を探していました。
そんな中でセントラルに出会い、幅広い業種を扱っていること、いろいろな分野の仕事に携わることができる点に興味を持ち、入社を決めました。

セントラルエンジニアリングで働くことについて

介護機器や鉄道設備の図面作成・試験を通し
多彩な設計知識を蓄積できる

私は現在、二つのプロジェクトを同時並行で担当しています。一つ目は、鉄道関連設備の動作確認試験。装置の試作品を使って動作確認・評価を行い、問題があるときには回路図と見比べて原因を究明し、必要に応じて回路図面を作成します。もう一つの仕事は、介護機器の検討業務です。守秘義務があり詳細は言えないのですが、介護士や要介護者の負担を減らすのに役立つある装置の動作試験を行い、装置がベストな性能を発揮するための仕様を検討するという仕事です。
どちらの仕事も基本は評価業務ですが、ただ決まった手順で試験を行うだけではなく、回路図を読み取る力や電子機器のメカニズムを理解し改善提案をする力が求められます。そして、鉄道と介護という全く異なる業界の仕事を同時に経験できることは、多彩な業務分野を誇るセントラルエンジニアリングならではの魅力だと思います。幅広い業界の知識が身に付くのが楽しいですし、今後設計技術者としてキャリアを積む上でも学ぶべきことが多いと感じています。

思い出に残っている仕事

入社3年目にして、基板部品の選定から
試作機の検討、納品まで経験

入社3年目のとき、ある基板の部品が古くなったため改版することになり、私が設計を担当することになりました。仕事内容は、部品の代替品の選定から試作機の設計、納品までの全工程。設計実務は初めてだったので、先輩にフォローしてもらいながら手探りで仕事を進めたのですが、もちろん最初からうまくいくはずはなく、失敗の連続です。たとえば設計時に電池の配置を間違えてカバーが閉まらなくなってしまったり、CPUの誤動作を防ぐ処理方法が分からなかったり……。結局多くの場面で先輩の手を借りることになりましたが、何とか無事納品できたときには、それまでにない達成感があったのを覚えています。また、小規模ながら部品選定から納品までを一通り実践できたことで、設計技術者として貴重な経験を積むことができました。
今後の目標は、先輩から教えてもらったことを次の仕事に活かしていきながら、全業務を一人で任せてもらえる技術者に成長すること。最近は後輩を指導することも増えてきたので、一層早く一人前にならなければと思うようになりました。

セントラルエンジニアリングを一言で表すと?背景

家族に誇れる会社

セントラルエンジニアリングは上司・先輩と話しやすい雰囲気で働きやすく、社員の育成もしっかりしてくれる会社です。手掛けている業務も多岐にわたり、どれも鉄道、水利、介護など社会の役に立つものばかり。
家族にも「こんな会社で働いているよ」と自信を持って紹介できる会社だと思います。

そんなわたしは・・・

じぶんらしく、遊ぶ

プライベートも確保できる職場環境に感謝

仕事は仕事、オフはオフで、しっかりメリハリをつけて生活したいと考えています。その点、当社では平日に無理なく働くことができ、通常の休日も長期休暇もきちんと取れるので、自分らしく遊ぶことができていると思います。
私の場合は「遊びが生きがい」……というほど気合は入っておらず、仕事に支障が出ない程度にゆったり遊ぶのが好きですが、ひとたびゲームに没頭したら夜明けまでやり込むことも。仕事も遊ぶも、やるときはやります(笑)。

オフの過ごしかた

のんびり、気の向くままに趣味を楽しむ

普段の休日は、家でゲームをしたり、友だちと遊びに行ったりと気ままにリラックスしていますが、長期休暇を利用して友だちと旅行に行くこともあります。
写真は初めての海外旅行でシンガポールに行ったときのもの。楽しかったです!

エンジニアを目指すみなさんへ

いろんな会社の話を聞いて、自分の将来を考えてみよう

就職活動でいろいろな会社の話を聞く機会が多いと思います。それらの話をもとに、自身の将来について少し考えてみてください。
悔いの残らない就職活動になるよう心から応援しています。