新井 千浩 42歳    次世代の高速通信システムの開発
  1. TOP
  2. 採用TOP
  3. 先輩社員インタビュー
  4. 新井 千浩

VOICE

新井 千浩インタビュー

お客様企業と一緒に考えて、
一つのものを作り上げることに達成感がある。

次世代の高速通信システムの開発を担当。
今開発しているのは、次世代の産業システムに搭載されるPLCモジュールというもので、新しいインターフェースを用いて高速通信ができるようになるシステムです。今はお客様のもとに赴いて、そこでお客様と一緒に仕様を考えながら開発を行っています。今まで自分が経験したことのない技術を使う部分もありますので、勉強をしながら進めています。
会社案内を見て、縁があるように感じたのがきっかけ。

A_arai02.jpg

大学でも電子工学を専攻していたので、勉強してきたことが活かせる仕事がしたいと思って会社を探していました。 当社のことは最初は知らなかったのですが、たまたま就職活動中に届いたダイレクトメールを見たところ、私の地元にも事業所があることが分かったんですね。電子系の開発もやっている会社だということもわかり、そこで少し縁があるような気がして受けました。


苦労して開発したものが完成した時は、本当に達成感があります。
実際に製品の形が出来上がったときにまず最初の達成感があります。その後、設計したものが想定通りに動くかどうかを評価していきます。システムの検討という上流工程からメンバーに入れさせていただいて、お客様企業と苦楽を共にしながら開発を進める中で、問題なくすべてが完成して製品を納めることが出来た時は本当にほっとしますし、大きな達成感が得られますね。
最初から最後まで一括して仕事を請け負うことが、当社の強み。

回路の設計から基板の設計、ソフトウェア・ハードウェアの開発など、セントラルエンジニアリングではモノづくりの一通りのことが全て経験できます。また、単なる外注先でなくお客様と一緒に考えながら、モノづくりを進めることも当社の強みだと思います。
私自身も、製品の回路設計から出来上がりまでを一貫して経験することが出来るので勉強になりますね。自分が担当している以外の工程を見ながら開発が出来る環境というのは、他にはあまりないと思います。

A_arai01.jpg

就活中の方へ新井 千浩からの応援メッセージ

自分が思ったことを言って、思った通りに動いて、正直な気持ちを伝えるような意識で就職活動をしていけば、採用する側にも正直な気持ちが伝わって良いのではないかと思います。

その他の先輩社員の声を聞く

電気系
エンジニア
機械系
エンジニア
情報系
エンジニア
その他