鶴田 稔 44歳    介護用自動排泄物装置の開発。
  1. TOP
  2. 採用TOP
  3. 先輩社員インタビュー
  4. 鶴田 稔

VOICE

鶴田 稔インタビュー

自分がやってきたこと、将来やりたいこと。
こちらの話をしっかり聞いてくれたことが嬉しかった。

介護用の自動排泄物装置の開発を担当。
私は組み込み機器のソフトウェア開発を行っております。現在は主に介護用の自動排泄物装置の開発ですね。要介護者の方が排泄したら自動で感知して排泄物をタンクに溜め、ウォシュレットのように洗浄も行う装置です。洗浄時の水の温度調節など、安全面での検証を重ねながら作っていきます。あらかじめ洗浄のパターンなどを考えてつくっているのですが、使う人の状況は様々。試行錯誤しながら開発を進めています。
新しいことに挑戦していってほしいと言われ、モチベーションが上がった。

A_tsuruta01.jpg

私は中途入社なのですが、面接時にこちらの話をしっかり聞いてくれたのが嬉しかったですね。他にもいくつか受けていた中でセントラルエンジニアリングは、こちらが話しやすいように雑談を交えたりと配慮もしてくれ、リラックスして面接を受けることが出来ました。
またソフトウェア開発に関して、新しいことにもぜひ挑戦していって下さいという事を言われ、とてもモチベーションが上がりましたね。


人とのつながり、コミュニケーションを大事にしている会社です。

仕事の中で困ったことや分からないことがあれば、複数の人と意見交換をしながら進めていけます。
面接の時にも感じたことなのですが、会社の雰囲気が良く、とにかく人とのつながりを大事にしている会社だと思いますね。
仕事の時はまっすぐ机に向かっているような真面目な人が多いのですが、仕事の後には飲み会なども随時行われているので、そちらにも積極的に参加してコミュニケーションを深めています。早くこの会社に慣れたいですからね。

A_tsuruta02.jpg

就活中の方へ鶴田 稔からの応援メッセージ

新卒だと初めて社会に出るという事で、l慣れるまで大変だと思うのですが、セントラルは下を育てていくという事に力を入れており、研修制度もしっかりしていますので、自分のスキルをどんどん磨いていける環境だと思います。

その他の先輩社員の声を聞く

電気系
エンジニア
機械系
エンジニア
情報系
エンジニア
その他