森林 毅 36歳    自動車のエンジンECU開発業務
  1. TOP
  2. 採用TOP
  3. 先輩社員インタビュー
  4. 森林 毅

VOICE

森林 毅インタビュー

やりたいことを実現できる環境があること。
スキルを磨くためのモチベーションにつながる。

自動車のエンジンECUの開発業務を担当。
自動車のエンジンを制御する「エンジンECU」というコンピューターの開発業務に携わっています。私はその開発部署で仲介窓口を担当していまして、業務に関わるさまざまな人たちの橋渡しをしています。自動車開発には多くの人が関わるので、それぞれの納期やスペックに関する要求がマッチしないという状況も起こります。そういう場面で間に入り、調整して開発をスムーズに進めていくのが私たちの仕事ですね。
調整をする際に大切なのは、わかりやすく説得力のある説明をするということ。例えば「こういう理由でここを短くしてほしい」など、技術的な内容も理解した上できちんと理由を伝えることができれば、聞く側も納得できますし代替案が出てくるかもしれません。その点を意識しながら落としどころを探っていきます。
制限の中でどう開発を進めるかが、難しくてやりがいのあるところです。

A_moribayashi_tsuyoshi01.jpg

エンジンの仕様はすべての車で同じものではありません。乗り心地や走りなど、何を重視するかによってエンジンの仕様は変わってきますし、制御しなければならないことも変わってきます。
例えば高級車など大きいエンジンを搭載する車であれば、エンジンECUに必要なセンサー等の部品が多くなります。そうすると開発に携わる人も増えるので、それぞれの情報をうまく集約していく必要があります。逆に小さい車だとエンジンが小さくなり部品も減りますが、一般的に小型車は燃費やコストを追求しなければならないため制限は増えてきます。その中でどう開発を進めていくかが難しくもあり、やりがいでもあります。


多種多様な部品から成り立つ自動車。様々なことを吸収していけると思った。
就職活動では「環境に携わる仕事」「様々なことを幅広くできる会社」という2点を軸にしていました。プラント業界や部品メーカーなど、技術者として携わることができそうな会社を受けましたが、その中でセントラルエンジニアリングを選んだのは、開発支援という形で、様々な仕事に携わることができると思ったからです。
自動車というものは多くの部品から成り立っているので、様々な業界の最新技術が集約されています。日々の業務でそれらに触れることができるので、いろんな技術を吸収できるチャンスがあるのだと感じるようになりました。元々いろんな業界を経験したい、幅広い知識を持った技術者になりたいという目標があったため、とても恵まれた環境で仕事をさせていただいています。
個々のスキルを伸ばせる自由さ。それが会社の信頼にもつながっています。

A_moribayashi_tsuyoshi02.jpg

私がセントラルエンジニアリングの魅力だと感じているのは、個人のスキルを尊重してくれるところ。自由にやらせてくれますし、こちらのやりたいことも聞いてくれます。やりたいことができるという点が各々のモチベーションになり、スキルを伸ばすことにつながっていると感じます。
私が現在の業務に携わって10年以上が経ちますが、入社当初からお世話になっているお客様もいます。その方々と長く、良い関係を築いてこれているのは、セントラルエンジニアリングが会社として信頼をいただいているから。その信頼の基盤は、社員一人ひとりが磨き上げてきた技術力だと考えているので、これからも自分自身のスキルアップを目指していきたいですね。

就活中の方へ森林 毅からの応援メッセージ

就職活動中にやりたいことが決まっていなくても、仕事をする中できっと見つかると思います。決まっている方はそれを信じて突き進んでいって下さい。決まっていなくても焦らずにゆっくり活動していけばいいと思います。当社はいろんな業界のお客様との取引がありますし、配属の希望も聞いてくれるので、やりたいことが実現できる環境が整っていますよ。

その他の先輩社員の声を聞く

電気系
エンジニア
機械系
エンジニア
情報系
エンジニア
その他