宮本 義之 35歳    自動車の制御ソフトウェア開発
  1. TOP
  2. 採用TOP
  3. 先輩社員インタビュー
  4. 宮本義之

VOICE

宮本義之インタビュー

長い歴史と、取引先の多さ。
希望通りの仕事ができると思いました。

自動車のエンジンを制御するソフトウェア開発を担当。
自動車のエンジンを制御するソフトウェアの開発をしています。自動車というのはガソリンと空気を混ぜて爆発させることでエンジンとして出力を得るのですが、燃費性能や排気ガス規制値が各国の法律で決まっているので、メーカーが求める性能や国の基準をクリアするために細かく調整を行って解析します。チューニングしたソフトを入れた試験車で専門の方に走ってもらい、そこで得られた走行データを解析した後、おかしなところがあれば直していくという流れですね。
仕事をやっていく中で、求められている目標数値をなかなか達成できないこともあります。その場合は対策案を考えたり、新しい仕組みづくりを行うのですが、限られた開発日程の中で調整・試験・解析を繰り返していかなければならないので、全てを考慮した上で達成に向けて動いていくのが難しい点です。
自分の希望分野で仕事ができる点が魅力。

A_miyamoto_yoshiyuki01.jpg

大学で機械制御の勉強をしていたので、就職活動中は制御関係の仕事を探していました。その際大手メーカーも受けていたのですが、いろんな部署がある中でどこに配属されるかわからず、もしかしたら制御の仕事ができないかもしれないと思ったんです。その点、開発支援の会社は自分の希望する分野にピンポイントで攻めることができるのが魅力ですね。
また、セントラルエンジニアリングは数ある開発支援会社の中でも歴史が長いので安心感がありましたし、取引先にはプラント系や化学系など様々なジャンルの会社があったので、その中でなら自分が希望する制御関係の仕事ができるだろうと思い入社を決めました。


部下が増えた時のために、自己のスキルアップさせる研修に参加していきたい。

今後部下が多くなってきた時にきちんと対応ができるよう、今のうちに人間的に成長していきたいですね。
例えば新卒社員が下に入ってきた場合、私とは年齢が10歳ほど離れてしまうことになります。チームとして仕事をしていきますので、これからスムーズにコミュニケーションが取れるようなスキルを身に付けるべきかなと思っています。
また、セントラルエンジニアリングでは研修制度もしっかりしていますので、自分の専門分野以外のものやマネジメントスキルなどの研修に参加してみたいと思っています。

A_miyamoto_yoshiyuki02.jpg

就活中の方へ宮本 義之からの応援メッセージ

たくさんの会社がある中で、知名度の高さで志望する会社もあると思いますが、大事なのは自分がどういうことを仕事にしたいのかということ。それを軸としてしっかり持っていれば、面接でスムーズに自分をアピールしたり、共感する会社に出会うこともできると思います。それが結果として自分にぴったりの会社に入ることにつながると思うので、自分が何をしたいのかをじっくり考えて就職活動をしていってください。

その他の先輩社員の声を聞く

電気系
エンジニア
機械系
エンジニア
情報系
エンジニア
その他