機械製図基礎(幾何公差)(講座番号:MD003)

この研修のねらい

【いやいやながら 幾何公差】

図面の国際標準である「幾何公差」についての理解を深める講座です。

こんな方におすすめ!

  • 幾何公差がよくわからない方
  • 幾何公差が怖い方、嫌いな方
  • 業務で3D-CADや3Dスキャナ、3Dプリンタを利用する方
  • 海外に図面を発注する方

この研修で身につくこと

  • 幾何公差で描かれた図面を理解できるスキル
  • 幾何公差で図面を描くことができるスキル

研修情報


【対象者】※新卒入社時集合研修 実施内容
・寸法公差を入れられるようになった方
・幾何公差がよくわからない方

【前提条件】

【概要】
「寸法公差」と「幾何公差」の違いを理解するところから始まり、必要かつ十分な幾何公差を使えるようになることを目指す講座です。
幾何公差は怪しげな記号を多用するので、食わず嫌い的な要素が多分にありますが、基本を理解してしまえばそんなに難しいものではありません。

【内容】
・「寸法公差」と「幾何公差」の違いの学習
・幾何公差に使われる記号やその意味についての説明
・幾何公差を使った図面の描き方の練習

トレーナー紹介

上原 行康

上原 行康

経歴

人呼んで、「国内A級ライセンスの走る技術者」。
車載用電子機器メーカーで、設計部門での20年の筐体設計経験と購買部門での活動経験があります。製造現場も多く足を運んだので、大概のことでは悩まない、豊富な知識とスキルを持っています。
敷居は低く、間口も広く、研修に来ていただいた方には必ず「お土産」になるスキルを身につけていただく研修を実施するのがモットーです。機械技術の基礎から量産の最先端の裏事情まで、設計者として独り立ちするまでの道のりを、寄り添った形でお助けします。

担当分野
  • 製図
  • 機械設計
取得資格
  • 日本VE協会 VEL(VEリーダー)他 多数

中﨑 洋

中﨑 洋

経歴

新卒にて入社以来、セントラルグループ内でエンジニア、営業の経験を経て、このたび技術講師となりました。
これまでの経験から、技術的な知識に限らず、そのほか様々なことについて、より実践的に皆さんのためとなる働きができればと思っております。

担当分野
  • 製図
  • 機械設計
  • CADツール