Skip to content
2023.12.26更新

別世界から共通点を見出し、学びに変える!

エンジニアの未来編集部/アスリート社員(ビーチサッカー日本代表)の上里です!

皆さん「ビーチサッカー」「エンジニア」と聞くと全く無関係な別世界の話だと思いませんか?
私は現在ビーチサッカー日本代表選手として活動している傍ら、セントラルエンジニアリングでアスリート社員として働かせていただいております。


沢山のエンジニアさんが在籍しており、エンジニアの方々を間近で感じたり、お話をして見えてきた、ある共通点に気が付きました。


このお話しは、皆さんの仕事にも共通している部分があるかもしれません、ぜひ皆さんの日常と照らし合わせながら読んでいただけると幸いです。


上里秋冬

 

私が感じた共通点4選!


1.同じ立場である

エンジニアの皆さんはもちろんのこと、ビーチサッカー選手も大きな枠でとらえると技術者なのかなと思いました。私達ビーチサッカー選手は自分のテクニックという技術を通して、お仕事をしています。モノづくりで欠かせない、機械、電気、情報の分野を人の身体で例えると、機械は体、電気は神経、情報は脳といった役割があるのではと思います。モノづくりをしているエンジニアの皆さんにも、それぞれの役割りがあり、サッカーで例えるとチームの全般をサポートをするマネージャーという立場の方や、監督という立場の方、選手という立場の方々がおり、視点を変えることにより、同じ立場であることに気が付きました。



2.最大の敵は自分である

私の場合では試合で相手と競い合い勝つ事が大事です。エンジニアの皆さんは他社よりも良い製品を創り出す事が大事かと思います。しかし、競い合いというのはあくまでも勝敗の結果が見えるだけだと私は思っています。

私達は努力や集中力を保つ必要があります。しかし、プレッシャーや緊張状態になった場合、自分自身に対する不安や心配が勝ってしまい自制心やモチベーションの欠如、自信の喪失など、パフォーマンスを妨げる可能性があります。

最高の結果を出す為、最高の製品を作る為には、自分自身が最高のパフォーマンスをすることが大切になります。自己管理やメンタル面の克服が技術者にとって重要であると考えると、敵は相手ではなく自分自身だという事になると思います。

 

 

3.基礎技術が大切である

私自身、普段の練習からこだわっていて大切にしているのが基礎技術です。簡単でシンプルな事ですが、毎日練習前には基礎の反復練習をしています。練習時間以外の自主トレーニングでも基礎練習をする事が多くあります。それくらい基礎技術を大切にしています。

そんな事は誰でもわかりますよ。と思う方もいると思いますが、実際に基礎練習というのは簡単でシンプルな事だけに楽しいものでは無いので、疎かにする方も沢山います。サッカー選手を目指す子供達もそうです。難しいプレーやカッコいいプレーばかりを練習したがるのが現実です。


そこで私は社内で、これまで沢山の結果を出してきたベテランのエンジニアの皆さんに、このコーナーを通して様々な質問をしてきました。その中で印象に残っているのが、


エンジニアとして1番大切にしている事はなんですか?

と聞いたところ皆さん、基礎技術の反復をやることがとても大事です。とおしゃっていました。この話を聞いて確信に変わりました。どの世界でも基礎というものは大切で疎かにしてはいけない!基礎は奥深く極める事が非常に難しいと私は思っています。だからこそ、やり続ける必要がありますし、そうする事で自分自身に勝つ事が出来ると思います。



4.コミュニケーションが大切である

私がエンジニアの皆さんにお話を聞いて、気づいたことをもう一点。


・モノづくりもチームプレーが大切

・仕事で結果を残せる人はちゃんとコミュニケーションがとれる


コミュニケーションの中には、雑談をして相手を楽しませるという事だけではなく、仕事において「周りを巻き込む力」や「報連相」や「質問」や「要求」が重要だと教えていただきました。スポーツでも仕事でも、一丸となって最大限に力を発揮する為にはコミュニケーションがやはり大切だということを再認識しました。

 

まとめ

「ビーチサッカー」「エンジニア」と、全く無関係な別世界の共通点について、色々私が思うところを書き綴ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

一見、無関係な別世界だと思っていたことが、自分の中の視点を少し変えるだけで、新たな学びが生まれるだと気が付きました。相手の立場を自分自身に置き換え、考え理解することで、様々な共通点があることにも気が付かされました。

皆さんも全く無関係だと思っていた別世界(隣の部署の業務などでも)に対して、少し視点を変えることで、お互い助け合ったり、成長する機会を見つけれることが出来るのではないかと思います。この記事を通して、少しでも皆さんのお役に立つ事が出来れば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スクリーンショット 2022-06-22 9.49.03
上里 琢文(うえさと たくみ)

ー経歴ー
沖縄県宮古島出身。小学校1年生からサッカーを始める。学生時代に、県大会での優勝経験や沖縄県選抜チームに選出される。その活躍が認められ、京都サンガFCにスカウトを受けプロへ転向。その後、FC琉球(沖縄)→SVアラーハイリゲン(オーストリア)→JPVマリキナFC(フィリピン)などのチームを経験し、ビーチサッカーに転向(現 TOKYO VERD BS 所属)。その後、ビーチサッカー日本代表に選出され、FIFAビーチサッカーワールドカップロシア2021で史上初の準優勝を果たし銀メダル獲得。2022年より弊社アスリート社員として入社し、人材開発部マーケティング課に配属。2023年ビーチサッカー日本代表(背番号5)として選出される。現在、社会人×アスリートとして活躍中。


Instagram:https://www.instagram.com/takumi_uesato/
Twitter  :https://twitter.com/t_uesato


 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
新卒・キャリア エンジニア募集情報
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆24卒向け会社説明会まもなく終了◆


やりたいができる

 


◆簡単お仕事検索(キャリア採用)◆

募集職種のご案内

 



◆キャリア相談窓口◆

キャリア相談窓口

関連記事

Other Article

意外と知らない秋バテ〜トップアスリートが教える「まごわやさしい」でチャンスの秋へ~

エンジニアの未来編集部/アスリート社員(ビーチサッカー日本代表)の上里です!皆さん夏バテはご存知だと思いますが、秋にも"秋バテ”が存在することを知っていますか??秋バテをしてる方へ...

エンジニアインタビュー「佐藤 大介」さん 〜アスリート社員 上里琢文が行く!〜

当社アスリート社員 上里琢文選手(ビーチサッカー日本代表)の「上里琢文が行く!」 上里選手が気になる、当社の部署や社員などにインタビューをし、上里選手からの視点などもふまえ、皆さま...

タグ

Tags